Visions of the North

アクセスカウンタ

zoom RSS 残雪の飯豊山

<<   作成日時 : 2013/06/04 15:14  

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 1 / コメント 0

2013年6月1日〜2日

4回目の飯豊登山。今回は大日杉小屋登山口を利用した。



1日目 

大日杉登山口ー地蔵岳ー切合小屋(きりあわせ)

2日目 

切合小屋ー飯豊本山小屋ー飯豊本山ー切合小屋ー地蔵岳ー大日杉小屋登山口




画像


今回、利用した大日杉小屋。




画像





画像





画像


気温上昇と共にブヨが大群で襲撃。一人あたり数百匹は確実にたかっている。持参した強力虫除けスプレーとかかれた商品は、あまり効果が無かったのか、スプレーを吹きかけたばかりなのにブヨがとまっていた。




画像


このルートは地蔵岳にまず登り、切合小屋に向けて登り下りを繰り返しながら進んでゆくので、なかなか時間と労力を要するコースである。




画像


雪庇がまだたくさん残っていた。これが時々、爆音を谷に響かせて雪崩れていった。




画像


画像


画像


登山道にはたくさんの花が咲いていた。


画像


稜線にはハクサンイチゲも開花。




画像


所々で雪崩の跡。




画像


まだ、たっぷりと雪が残っている。




画像


翌朝、切合小屋を飯豊本山に向かって暗いうちに出発。その途中で日の出を迎えた。


画像


神々しい光景に静かに感動した。




画像


飯豊山頂上。


画像


頂上から以前に下りで利用したダイグラ尾根。長く続く尾根に辟易した思い出が強く残っている。


画像


頂上から大日岳方面へと続く道。




これから長い道のりを下山。

画像


大日岳方面。


画像


登って来た道を名残惜しく何度も振り返り眺めていた。




画像


下山時の岩場では慎重に足を運びゆっくりと通過した。


画像





画像


利用した避難小屋。切合小屋付近。


画像


友人達も笑顔が絶えない。




画像


雪渓をピッケルを使い、慎重にトラバースしながら下山。


画像






長い道のりを膝を痛めながら無事に下山。何度来ても飯豊は素晴らしい山だと思う。


そのまま風呂に入り小田原までの遠い道のりを車で帰ってきた。夜中の1時にようやく帰宅できた。






































テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
montblanc ボールペン
残雪の飯豊山 Visions of the North/ウェブリブログ ...続きを見る
montblanc ボールペン
2013/11/25 00:05

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
残雪の飯豊山 Visions of the North/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる